BIGBANG・T.O.P大麻事件②

報道が二転三転していますが・・

T.O.Pさんが意識不明の状態で発見され病院に搬送されたと報道されました。

薬物の過剰摂取で病院に緊急搬送されたとの速報が流れ、心配された方も多いと思いますが、警察の発表によると、薬物の過剰摂取と推定される症状で緊急搬送されたが、意識を失ったり危険な状態ではないと伝えています。

江南警察署からソウル陽川地区に位置する4機動隊に異動したT.O.Pさんは5日22時頃、普段から服用している精神安定剤を服用して就寝。起床時間の午前7時半に朝食の時間に呼びに行くといびきをかいてまだ眠っていた。一度目を覚ましたが、連日の報道や移動のストレスもあり疲れた様子だった為にそのまま休ませたが、お昼の12時ごろに再び様子を見に行くと汗をかきながら眠りから覚めなかったので病院に緊急搬送した。集中治療室に運ばれたT.O.Pさんは血液や尿、CTスキャンなど検査を受けた結果、異常はなかった。名前を呼んだりつねると反応も見せる状態である事、またT.O.Pさんが自殺を図ろうと準備した薬ではなく、普段から処方されている薬である事、危篤状態ではなく、薬に睡眠薬の成分が含まれており眠ている状態で1〜2日程度で成分が抜ける量で生活には支障がない。また警察の管理がずさんだったのではないかという問いに対して、指導要員と隊員がそれぞれ一人ずつT.O.Pさんついて管理していた、現在は家族がそばについて見守っている状態だと公式発表されました。

追記1:しかし先ほどT.O.Pさんの母親が警察の発表に対して間違った発表であるとコメントしています。

集中治療室から出た後、取材陣に「息子の状態があまり良くない。未だ意識を回復していない。警察は睡眠薬の薬の成分がまだ残っているため寝ている状態と発表していたが、間違って報道されていないか」と涙を流し訴えたと報道されています。またYGも「面会が制限されており、母親と何人かの家族だけT.O.Pのそばを守っている」「目が覚めても、酸素不足の状態などがあったのかいろいろと厳しい状況だ」とコメントしたとの報道もあり、情報が錯乱しており何が真実なのか曖昧なまま。

追記2:そして6月7日の午後4時 担当医師による記者会見が行われました。

「患者は6月6日午後12時34分に病院に到着した。到着時に患者は3人の仲間によって一人は足を、他の二人は上半身を支えた状態で診察室に来院した。来院時に応急診療を開始し、患者の状態は、一般的な刺激に反応しなくて、深い刺激に反応がある状態だった。患者は呼吸不全の所見を示した。瞳孔も縮小されていた、光の反射が減少していた」と述べ、 「動脈血液検査の結果、呼吸不全の可能性が判断され、応急処置も試みたし、薬物検査上睡眠薬の過剰摂取に起因する呼吸不全の診断を受けた」「呼吸不全の悪化の可能性が高く、人工呼吸処置の必要性の判断し、同日午後4時50分頃に緊急集中治療室入室になった」また、「継続的に応急措置を実施したが、まだ意識を回復していない。この日の午前、刺激を与えれば目は覚ますが、継続できない状態、すなわち反応していない状況なので、午後も完全に回復していない。今後の患者状態が好転すれば、精神的健康学科との協診が試みされる予定だ」と明らかにしました。

「意識状態が非常に良くない。血液検査の状態も良くない状態であった」「患者の個人情報の問題でどれだけ睡眠薬を服用しているか伝えることができませんが、良くない量の服用と推測した」と警察の発表とは違い、未だ意識を回復しておらず、危険な状態に変わりないとの見方が残念ながら濃厚のようです。
集中治療室にトップの本名であるチェ・スンヒョンという名前は抜けたが、まだ集中治療室に滞在していると伝えられています。

9年前にもT.O.Pさんは薬物の過剰摂取で病院に緊急搬送されたことがあります。

2008年11月5日の午前2時ごろ、ソウルの自宅で酒に酔った状態で薬物を過剰摂取し、その日のお昼頃に発見され、病院に緊急搬送されています。一部ではうつ病の薬を過剰摂取して自殺を図ったと騒がれたことがあります。この時YGは「過労で入院しているだけ、元々T.O.Pさんはお酒を飲まないがこの日は誕生日の前日でお酒をたくさん飲んだ、風邪を引いた状態であったために風邪薬を時間を置かずに飲んでしまっただけ」と発表していました。9年前にも似たような事例があると騒がれており、今回の件で、何年も前からうつ病とパニック障害を患っていてうつ病の薬を処方されていたとの報道もありますが・・

もう警察の制服姿は見れない・・?

T.O.Pさんはソウル庁広報担当官室のバンドに所属していましたが、今回の大麻事件により警察の広報活動を行うのに不適合とされ、4機動団に異動したばかり。

4機動団とは、デモなどを鎮圧する任務を行い、時に危険を伴う部署ですが今回は一時的な異動で、T.O.Pさんは勤務もなく、待機している状態。まだ広報団を退団しただけでまだ身分は警察まま。しかし、現在在宅起訴され裁判を控えてるので職位解除に伴う帰宅措置を念頭にしたものであり、警察の職位解除は裁判所の控訴状を発送した後に行われるので一時的な異動。警察の職位解除されれば自宅待機となりますが、その期間は兵役に含まれない。

もし1年6か月以上の実刑を受けた場合(すべての行為を認めると濃厚になる)⇒退職となり、強制的に軍を終える。

1年6ヶ月未満の懲役又は禁固刑を宣告される場合⇒服務するのが適切かどうか再審査を受け、再入隊が可能と判断された場合、通常の部隊に転出され、社会奉仕要員や常勤予備役(子供のいる者、受刑者、中卒など低学歴な人が服務する場合が多い、自宅通勤)として兵役義務を果たす。

そして前回の報道では3回の大麻吸引⇒1回は乾燥大麻を燃やして吸ったと認めたと記事にもありましたが、現在は4回大麻を使用した疑いをかけられており、異動した5日にT.O.Pさんは召喚調査で2度大麻を吸煙したことは認めましたが電子タバコを使用した液体大麻については否定しています。(乾燥大麻×2回、液体大麻×2回の容疑)そして相手の女と過ごした日程も3日間と書かれていましたが、、10月9日~14日と日数が増えてる記事もあり、報道が二転三転している。また今月29日に初の裁判が行われる予定です。

今回の事件でGーDRAGONのソロ活動にも影響がでるのではないかと言われており、今まで何度も危機を乗り越えてきたBIGBANGですが、どうなるのでしょうか・・

追記3:6月29日に初公判が行われ、T.O.Pさんは報道陣の前に姿を現し、4回に渡る大麻吸引を認め公式に謝罪しました。

T.O.Pさん謝罪文全文

一番最初に、今回のことで私のために傷つき、失望された多くの方々に、心から謝罪申し上げます。

私がとても愚かでした。過ぎた日の私は、長時間にわたる深刻なうつ病と激しい不安障害によって、闇の中に自分自身を回避しようと思っていた日が多くありました。そういった私の乱れた精神状態が、衝動的な誤った行動で、取り返しのつかない大きな失敗を犯し、多くの方々を深く失望させてしまいました。

自分自身がとても恥ずかしいです。もう一度さらに深く反省して、心より後悔しています。今後は絶対にこういったことを起こさず、いかなる処罰でも受けます。本当に申し訳ありません。そして最後に、私の母にも本当に申し訳ありません。

この日行われた初公判では、すべての罪を認め、懲役10ヶ月、執行猶予2年を求刑されています。7月20日には宣告公判が開かれますが、このままの求刑通りだと、上記に書いた通り、日本やアメリカなど海外での活動は難しくなります。初犯であること、反省している点から減刑される可能性もあります。また「まだ29歳の若い青年が一瞬の過ちにより才能を広げる機会を失わないように寛大な判決を望む」との声もありますが、一部では、自分の言葉ではなく、謝罪文を朗読しただけであること、こんな日にもT.O.Pさんはヘアメイクをして現れた事、あんな女と短い期間でもお付き合いしていたことが判明し・・「こんな時に化粧とか・・」「もうBIGBANG終わったな」と冷たい意見も多い。