まだ続く・・?I.O.Iソミ&UP10TIONウシンのセクハラ問題

ただの角度の問題でしょと思っていたのですが、、まだネットで騒がれているご様子。

I.O.IソミとUP10TIONウシン

事の発端は、昨年末、音楽番組「THE SHOW」がクリスマスを記念してTwitterに公開した映像の中でUP10TIONのウシンがI.O.Iのチョン・ソミの胸を触っているような場面があり、一部のファンの間でセクハラ疑惑が浮上していました。

公開された映像には2人がファンに向けてクリスマスの挨拶をし、サンタを信じる?など質問に答えたり2人が話をしている時に偶然、胸に手が当たってしまったのか、すぐ手を引っ込める場面があったようです。

しかし、ファンは2度触ったのではないか?と疑っているようです。一度だけならただの不意のアクシデントかもしれないが、そのあとも胸に手を当てるような場面が。

このあと、ソミはちょっと後ろに下がってウシンの手をとり、ハイタッチをしています。ただハイタッチするために手を差し出したように見えますが、、この行動も不快に思ったソミがとっさに回避したのではないか・・と。

ネットで騒ぎが大きくなると制作側は問題の映像を削除し、コメントを発表しています。

このクリスマスコメントの撮影時には「THESHOW」の制作陣の要請を受けたI.O.Iのソミのマネージャーの携帯を使用し、直接撮影されたものである事、撮影角度の関係で誤解を招く場面に写ってしまったかもしれないが、身体の接触はない事、制作側のスタッフは撮影に同席していなかったが、双方のマネージャーが同席し、本人達はもちろん問題なく撮影されたものであること。撮影した映像も本人達も確認したものを公開している。そして「同映像を見ると、MCたちが立っている位置に差がある。議論となったチョン・ソミのネクタイに影がかかっている場面はチョン・ソミがアングルの外に出ないように頭を下げる過程であり、ウシンが説明のために動かした手の動きが重なって見えただけで、二人の間には物理的な距離が確実にあったことを同席したチョン・ソミの女性マネージャー、スタッフからも再度確認した」と説明しています。

それぞれの所属事務所も「担当マネージャーが見守っている中で撮影が行われた。該当動画をもう一度担当者とチョン・ソミ、ウシンに確認した結果、動画で論争になったボディタッチは全くなかった。今後はファンの皆様に心配をかけないよう、さらに気を使う」と完全な誤解であると否定したものの、議論は収まっていないのか・・ネットでは「今すぐ謝罪しろ」「一度はミスだが二度目は故意だ」「あきらかにソミが当惑している」「角度上の問題で服が揺れるのか」など厳しい声もちらほら。しかし「謝罪すると認めることになりおかしくなる」とも。

また「ポータルサイトやSNSなどに、悪意的な編集物で虚偽事実を流布し、持続的にデマを拡散する掲示物、人身を攻撃する掲示物とコメントなどについて法的な手続きを行っている」「問題になった動画についても、撮影の角度のため発生した誤解だということを立証する資料として、映像分析研究所 に動画の分析を依頼し、分析の結果に関する意見書を提出した」と強硬な対応を取ることを示唆しています。

またI.O.Iのソミの若い年齢がさらに議論が大きくなってしまう原因の一つになっているかもしれません

大人っぽい容姿なんですが、2001年生まれ・・の中学生!!

2016年11月翰林芸能芸術高等学校に合格し春から高校生

JYP所属で練習生時代にサバイバルオーデション番組「SIXTEEN」「プロデュース101」に参加しました。「SIXTEEN」では最終審査で残念ながら脱落してしまいましたが、「プロデュース101」では見事1位で通過し、メンバー入りしました。オランダ系カナダ人の父と韓国人の母親との間に生まれ、三か国の国籍を持ち流暢な英語が話せ、エキゾチックな容姿が魅力的な15歳です。身長は170cmもありますがまだ成長中。容姿にそぐわぬ幼い年齢、活発で純粋無垢な性格でファンも多いそうです。

問題の画像の収録時はまだ中学生。中学生の子がセクハラ騒動に巻き込まれるなんて・・と議論が収まらないのかもしれません。