韓国芸能事務所まとめ K-POP編③

FNCエンターテイメント

住所:ソウル市江南区清潭洞111

公共交通機関:7号線清潭駅13番出口から徒歩20分

ホームページ : www.fncent.com

2006年歌手兼作曲家であるハン・ソンホ氏によって設立された芸能事務所です。

所属タレント:FTISLAND・CNBLUE・AOA・NFLYING

会社の名前の由来はキリスト教の「オンビョンイオの奇跡」から。韓国版聖書でしょうか・・*The Feeding of the 5000 /五餠二魚の奇跡 5つのパンと2匹の魚で5000人を食べさせた奇跡?今は F TISLAND N FLYING C NBLUEの略だとも・・VIXXの所属事務所・現在のジェリーフィッシュエンターテイメントのァン・セジュン代表と共に歌手活動していたこともあり、親しい仲。設立から1年後の2007年にFTISLANDがデビューします。当時MnetMediaにいたキム氏がマネジメントを担当(現在T-ARAの所属事務所の社長)2008年に日本市場に進出し、2009年CNBLUEが先にインディーズで日本デビュー。2013年にはあまり評価がよろしくなかったようですが、所属タレントのイ・ドンゴン・チョンヨンファ(CNBLUE)出演ドラマ「未来の選択」の制作にも携わっています。ドラマのOSTを多く手掛け「オンエアー」「相続者たち」「未来の選択」「オレのこと好きでしょ」「美男ですね」「紳士の品格」など。2014年にコスダック上場。

ファンからかなり評判の悪い会社で、社長が最大の敵であり諸悪の根源とまで言われています。

批判

①差別・CNBLUEチョンヨンファの誕生日

2012年の24歳の誕生日祝いを兼ねて良い事をしたいとチョンヨンファギャラリー(チョンヨンファのファン団体)が募金を集い寄付活動を行う。集まった募金は3000万ウォン(約290万)にもなり、寄付先の団体が健全なファンの行いを広めたいとインタビューの依頼の要請があったが前日に突然キャンセルされる。FNC側から「特定のメンバーが目立ったり、特定のファンサイトが目立つのはよろしくない、他のファンサイトと公平さが保てない」との理由から勝手にキャンセルされる。しかし他のメンバーの誕生日にファン団体がお祝いとしてお弁当をサポートした事が記事になる。しかもFNC側が資料提供していた。

2013年の25歳の誕生日には中国のファンがバスにお祝いの広告を載せる、交換作業などの関係で広告が載るのは5月15日になってしまうとFNCに連絡したが・・5月15日は他のメンバーの誕生日であったため意味深なツィートをする。「他のメンバーの誕生日なのにわざわざこのタイミングで始める?」

2014年の26歳の誕生日。この日はユンファの故郷でもある釜山でのコンサートが予定されていて特別なものにしたいとファンは事務所の了承を得て特注で誕生日ケーキを発注し準備していたが、舞台に上がったのはチェーン店のケーキ2つだった。FNC側に理由を尋ねると「他のメンバーと誕生日が近く合同で祝ったため」と回答されたが、そのメンバーは後日単独で誕生日お祝いされていて舞台に上がったケーキはファンが特注したものだった。

②AOA

代表がメンバーの名前を憶えていないN FLYINGのメンバーも覚えていない。宿泊施設に9人(AOAのメンバー7名+マネージャー2人)が住んでいるが、トイレが一つしかない。

③FTISLAND

2,3日に1回公演の割合で1か月の間に13回の公演を開催し無理なスケジュールを組み、休暇を与えていない、特にメインボーカルのイ・ホンギはツアーが終わればすぐにソロ活動を開始させている。アーティストの健康管理の問題もファンは事務所に訴えています。またFTのコンサート会場で後輩のNFLYINGのアルバム予約や販売をし握手会まで開催し、デビュー後も先輩であるFTのコンサートの前座まで行いファンの怒りを買ったが、イホンギの「ファンが不満に思うのもわかるが、後輩だから応援してほしい、所属事務所から前座の提案をされた時、自分たちが許可した。もしバンドでなく、ダンスのグループだったら許可しなかった。自分たちもバンドであるので同じバンドの後輩を大切にしたい」と発言し一応ファンの怒りも収まった形になったが・・

9周年事件

ファンは9周年をお祝いしようとメンバーはもちろん日頃メンバーをサポートしてくれているFNCのスタッフにまで記念のケーキやアロマキャンドルなど贈り物を準備した。9周年記念のVアプリの放送でイ・ホンギは「FNCはファンから贈り物を受け取っても誰からも連絡がない、I hate FNC. XXXのような会社。本当に誰からも来ていない」と批判。またイ・ホンギは「騙されてFNCと契約した」と発言した事もあり、日本のワーナーのメンバーに対するサポートとえらい違いがある!とまたまた怒りを買っています。

清算事件

「デビューして5年後に初めて500万ウォンほどの清算を受けた 」とイホンギが発言。AOAはデビューから3年後。CNBLUEは4年後に清算を受けて宿泊施設から独立できた。それでもチョンヨンファとイ・ジョンヒョン以外は両親と同居している。

他にも事務所の建物は社長夫妻名義にして会社から個人的に家賃収入としてお金が支払われ、ドラマ「美男ですね」のOSTアルバムの収益をドラマ制作会社と折半する契約を交わしていたが現時点で一銭も支払わず「12億ウォン払え」と裁判を起こされている。

Pledisエンターテイメント

住所:ソウル特別市江南区三成洞44-20
公共交通機関:9号線ソンジョンルン駅2番出口から徒歩10分
ホームページ:http://www.pledis.co.kr/html/main.html

SMエンターテイメントでBOAのマネージャーを担当していたハン・ソンス代表が設立しました。

所属タレント:AfterSchool・SEVENTEEN・NU’EST・pledisGirls

ハン代表は30歳までダンサーとして活動していましたが、イスマン代表に直接お願いをして遅い年齢でマネージャーになり当時小学生だったBOAを担当していました。幹部になってから芸能事務所を設立したのではなく、マネージャーしか経験がなかったため設立当初は厳しい状況でのスタートで練習生はソン・ダルビとアフタースクールのリーダーで2012年に卒業したジヨンのみ。ソンダルビを先にソロでデビューさせたあとにアフタースクールのメンバー集めにジヨンと共にスカウトしに回っています。アフタースクールのユイ、オレンジキャラメル、ソンダルビが成功し、SEVENTEENもデビュー1年目にして成功、プロデュース101に大量に練習生を投入して名前を世間に知らせしてPledisガールズをデビューさせたり、SMやYGに比べて若い事務所だが売れっ子を多く抱え、芸能界の地位は高いとみられているようです。日本のSONY系列のso-netが50%の株を保有しています。ソウルでコーヒー&チュロス専門店「コーヒーチューン」を経営

2009年・M-netボイコット事件

2009年当時、SMエンターテイメントはMAMA公正性の問題に対立していました。プレディスもSMと一緒にボイコットに参加しましたが、アフタースクールは当時デビュー1年目の新人でSMと違い、大きな打撃だったと言われています。長い間ボイコットしていましたが2011年オレンジキャラメルが出演し和解しています。

SEVENTEEN不法撮影事件

人気番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」の公開撮影現場でファンが不法撮影をした事実が明らかになり、SEVENTEENがKBSから警告を受けた事件。メンバーが再三に渡りファンにお願いしたのにも関わらず、ファンは撮影を続け、公開前の放送の写真がSNSに出回り、このような行為が続くとSEVENTEENがKBSに出禁になるかもしれない事態をファンが招いてしまった。所属事務所は今後撮影禁止の場所で撮影を行ったファンは、ファンクラブ永久除名、どのような公式行事にも参加できなくなる措置をすると発表しています。

SOURCEMUSIC

住所:ソウル特別市江南区ノンヒョン149道31東南ビル地下2号

公共交通機関:3号線新沙駅1番出口を出て徒歩10分

GFRIENDの大ヒットにより注目されている事務所です。2009年にソンジン代表が設立しました。

所属タレント:GFRIEND

清純がコンセプトのGFRIEND

ソンジン代表はJYPとSMエンターテイメントと大手2つの芸能事務所のマネージャーをしていました。SMでは神話を担当し、JYPでは「노을」という男性グループを担当。このころに出会ったのが防弾少年団の事務所・BIGHIT代表のパン・シヒョク氏。

ガールズグループ最大の黒歴史・GLAM

右下:ダヒ(イ・ビョンホン事件)左下:パク・チヨン(TEENTOPのチャンジョと噂になった)

2012年にマネジメントはSOURCEMUSIC、プロデュースはBIGHITエンターティメントで期待されていたグループでしたが・・

メンバートリニティがグループから脱退。

「個人的な理由で脱退、今後の芸能活動計画はないと理解している」と発表しました。スーパージュニアのサセンとして有名で、イトゥクのファンだったと知られています。

イ・ビョンホン事件

出会いは2014年。当時新婚だったイビョンホンは知人に90年生まれのモデル・イ・ジヨン、94年生まれのGLAMのダヒを紹介される。

モデルのイ・ジヨンを気に入ったイ・ビョンホンは番号交換を要求。携帯料金が払えないと断ったが自分が1年分の携帯料金を支援すると申し出、無理やりカカオトークのIDを聞き出し、妻が海外で撮影中で不在の日にワインや化粧品のプレゼント、まとまった現金などを持参してイ・ジヨン宅に訪れるイ・ビョンホン。この時、GLAMのダヒも同席して3人で飲んでキスゲームなどしたり楽しんでいた。「初体験はいつ?」「男性に性的魅力を感じるのはどこ?」など下ネタトーク全開の様子をこっそりダヒに動画で撮られてしまう。その後も「友達がいないのはいつ?」「ロマンチック成功、ロマンチックな雰囲気」などロマンチックという言葉をしきりに連発し、モデル女性と性的関係を結ぼうとするが、そのたびに友人が登場し邪魔をされてしまう・・とうとう2人きりになった時、モデルの女性に不動産の話を持ち出され、我に返ったイ・ビョンホンは「軽率だった」と別れ告げます。その後ダヒに撮られた動画を元に50億ウォンを支払うように脅迫されてしまいます。イビョンホンは被害者になりますが新婚の身でありながら20歳以上年の離れた女性と関係を結ぼうとし、また関係を持った時期も妻の妊娠と重なり、やたら「ロマンチック」という言葉を連発したり恥ずかしい姿が明らかになり大騒ぎになりました。モデルの女性は1年2か月、ダヒは1年の実刑判決が下されています。これを受けてGLAMは解体。最大の黒歴史グループになってしまいました。

GFRIEND・デビュー前脱退事件

ウンビ

メンバー入りが確定していたのにも関わらず突然Aさんが「家に帰りたい」と言い出し、練習をボイコットしてしまう。練習生の契約は一方的に契約を破棄した場合、「投資した費用の2倍支払う」事になっていた。Aさんがその後も何の措置も取らなかったために2016年「準備につぎ込んだお金の2倍支払え」と裁判を起こされています。①Aさんの教育費の2倍の1,247万ウォン②Aさんの脱退でチームデビューが延期されながら追加に入ったグループの教育費、宿泊施設使用料4,322万ウォンを要求。しかしAさんは「無理なダイエットを強要され練習に参加させてもらえなかった」と主張。しかし勝手に契約破棄した事には変わらず、1247万ウォン支払うよう判決が下されています。同時期に現在DIAのメンバーのジェニーも脱退していますがこちらはなぜか円満。代わりに投入されたのがBIGHITで練習生だったウンビ。

GFRIENDの大成功により、練習室は新たに防音設備を完備し、豪華に生まれ変わる・・!

WMエンターテイメント

住所:ソウル特別市麻浦区ワールドカップ15道8
公共交通機関:6号線望遠域2番出口から直進ハナ銀行の向かいの路地を左折
ホームページ:http://www.wment.co.kr/

2008年に歌手活動、パパイヤというグループのマネジメント出身のイ・ウォンミン代表が設立しました。

所属タレント:B1A4・OHMYGIRL

イウォンミン代表のイニシャルにちなんで名前がついた会社で設立当初は、第二のSE7ENと呼ばれたラッパーのテグンなどラッパーが主に所属していたが麻薬の疑いなどでうまくいかず、2011年にB1A4がデビューしヒットするまで厳しい状況だったようです。B1A4がヒットしてから建てた建物は「マンドンウォン社屋」と呼ばれる。B1A4のファンはW ater M elon、つまりスイカと呼んでいる。

コーディネートの不満

ファンはなぜ何度も抗議しているのにスタイリストを変えないのか理解できない!と言われていましたが2016年「ウソだ」でCOMEBACKしたB1A4の衣裳がまともになり好評を得ている。

☟5年ぶりの変化

それもあってかOHMYGIRLはデビューから公式インスタグラムにて当日の衣裳写真を公開している。しかし冬でもノースリーブを着せたりアーティストの健康管理が問題視されることもあるとか。

OHMYGIRLアメリカ入国拒否事件

2015年OHMYGIRLがLAで開かれる「Unforgettable 2015」に参加するためにアメリカに。単独公演でなく、プロモーションの一環として訪れる為に事務所側は公演ビザを取得していなかった。出入国管理所を一旦は通過したが、通過中にスタッフとメンバーの関係性を問われた時「SISTER」と発言をして誤解を招いてしまった。実際に血縁関係もないのに「SISTER」という表現は異常、またメンバーが持っていた小物や舞台衣装に職業婦人を思わせる物があり、入国を拒否され、携帯電話も差し押さえられ15時間も拘束され、最終的にはアメリカの地を踏むことなく、韓国に帰国してしまった。

一部では、WMエンターテイメント側が公演に必要なビザを発行せず、単純な旅行ビザで入国したためだと指摘。アメリカのイベント出席のついでにアルバムジャケットも撮影しようとしていた事が明らかになり、アメリカの税関側は「売春の疑いではなく、旅行の目的で米国を訪問したと述べたが、それは嘘であることが判明されたので、入国拒否をさせた」と発言。単純なプロモーションの訪米だったので公演ビザを発給を受ける必要がなかった、自分たちのせいではない!と今でも主張しています。

OHMYGIRLアルバム買占め疑惑

2016年8月4日にアルバムが発売されたが、その日の販売量が9030枚だった。前作は発売1週間で3300枚を記録したがリパケでもあるし、その間にファンが増えたとも考えにくいとアルバム買占め疑惑が浮上してちょっとした騒ぎになりました。そんな中、OHMYGIRLのファンカフェに日本で転売目的でインターパークから8600枚購入したと領収書を掲載し名乗りを上げた人が現れました。もし本当ならすでに日本でも販売されてる上に通関など複雑な手続きまであるのに定価で販売している韓国のサイトから購入したのはなぜ?とますます騒ぎに拍車がかかり・・事務所が裏から工作して買わせたのではないか?と色々な議論が交わされましたが、最終的には販売元であるインターパークがあまりの問い合わせの多さに、「1日に1人の人物に8600枚販売したのは事実である」と回答。また名乗りを上げた人物のファンカフェのIDを調べてみると実際に日本からアクセスしていることが判明し、理解できないが、、1人の人物が8600枚購入したのは事実であった・・!OHMYGIRLのアルバムは初動販売1万枚を達成しました。これはOHMYGIRLだけの特例になるのか、今後もこのような事があるのか?と注目されています。

OHMYGIRLのメンバーの誕生日がない?

2017年カレンダーに現在拒食症で活動を中断したジニの誕生日が明記されていなかった。健康問題で活動中断しただけなのに結局脱退なのか?と事務所に抗議しています。それだけでなく他のメンバージホの誕生日も間違って記載されていた。これを受けて所属事務所は「修正した後、追加の発送を行います。また、ジンは故郷で治療中です。多くの応援をお願いしします」と回答しています。

④に続く・・