チャンミン・シウォンの義務警察公演が大盛況!!

東方神起チャンミン・SUPERJUNIORのシウォンが揃って出演する義務警察の公演が注目されています。
アジア各地のファンが一目見ようと公演に駆け付けています。

SSI_20160131181355_V

中国、日本はもちろんマレーシア、タイ、ベトナムなどアジア各地のファンが公演に訪れているそうです。
チケットも争奪戦で、公演を見に来たファンは「朝10時から公演を見るために待っている」
「警察のホームページを介して警察広報団の前売りチケットを取ろうとしたら、発売から1分で完売して取れなかった」との声も聞かれ、公演が始まる夜19時には、チケットを入手できなかったファンがソウル警察の周りに100人ほど集まっていると報道されています。

「市民と一緒に」のタイトルで、2015年11月~毎週土曜・全15回開催されていました。
会場は、ソウル警察庁内でわずか640席しかなく、最終日まで毎回全席完売を記録。次の公演は2016年11月とあって、毎回争奪戦だったようです。
警察庁舎に集まっているファンが多すぎる為、簡易椅子や通路に座りながら見れる特別措置も対応され、ペンライト、ボード、カメラの持ち込みも自由。

2000年に発足したソウル警察広報団は、2013年国防部の芸能兵士制度が廃止され、人気が高まりました。
2015年にはSUPERJUNIORのシウォン、ドンへ、東方神起のチャンミンなど大人気のアイドルが同時期に入隊し、特に注目されていました。
ソウル警察広報団は、コンサートの他、いじめ、学校暴力など青少年問題を扱った劇など多様な公演を通じて、国民と疎通する身近な警察になる事が目的だそうです。

2月2日は「家族の日」のイベントに2人そろって参加

 article (1)

ソウル警察のフェイスブックでは、「善良な申告112」のプラカードを持つシウォンの写真も公開

201602031106991115_1
・・活動内容にいまいち理解不能な私ですが
義務警察の仕事内容は大きく分けて3種類あるそうです。
article (2)
①一般義務警察
交通整理、防犯パトロールが主なお仕事
交通整理や防犯パトロール、各種集会やデモが行なわれる際の安全管理など、治安と秩序を守る業務を遂行します。
人気観光地で勤務する観光警察隊はぼったくりなど不法行為を取り締まりまり、韓国の人気観光地である明洞、弘大、仁川などパトロール
 英語・中国語・日本語など外国語能力が優れた警察官の中で選抜されている。
②特技要員→チャンミン・シウォン・ドンへはここ!
芸能分野で犯罪予防・警察広報に関する公演活動を行なう警察広報団の他、ウェブデザイン、美容師、栄養士、物理治療や通信装備、コンピューター修理、施設メンテナンスなど分野は全部で15。それぞれの特技を活かした専門業務を行ないます。

③ 竹島(韓国では独島)警備隊

24時間警備を行ない、韓国の主張する領海内に外部勢力が侵入したら近隣の海洋警察や海空軍に通報。島に接近した場合は逮捕など。
SUPERJUNIORのドンへはソウル地方警察庁広報団の笛演劇団に抜擢され、12月から活動中。
 笛演劇団は、過去に俳優チョ・スンウ、イ・ジェフン、リュ・スヨン、コメディアンのチェヒョジョンが配属されていました。
20160202MW112448912431_b
一度坊主にした頭も、髪の毛は伸ばしてもOK~