JYPボイコット騒動

「TWICE」の日本人メンバーのモモ、サナ、ミナと台湾出身のメンバーのツウィが韓国のバラエティ番組「マイ・リトル・テレビジョン」に出演中に、自国の国旗を手にした映像が流れました。
この映像を見た中国人の作曲家のA氏が、中国の国旗でなく、台湾の国旗を手にしたツウィに対し、「番組でも台湾出身と紹介している」「台湾の独立主義者だ 」と発言した事から、韓国、中国、台湾で騒動が広がりました。

20160115153839_20160114030335_pagefff
145303538156_20160118

ツウィは、台湾で初めての韓国でデビューした歌手でもあり、その美貌から韓国国内でも「台湾の妖精」「台湾の奇跡だ」ともいわれているようです。

ksh20160115114019_X_01_C_1

左:ツウィの母親 右:ツウィ

ダンス学校で発表した映像がYoutubeで流れ、その映像を見たJYPのスタッフが直接台湾まで足を運び、スカウトしたそうです。
「世界で美しい顔」13位にもランクインしています。
オーデション番組で娘の応援に来ていたツウィの母親も注目され、「母親譲りの美貌だ」と言われています。

歴史的に複雑ですが、日本も「台湾は中華人民共和国の一部」という中国の主張を尊重しています。

JYPチャイナは、すぐに声明を発表しました。
① 「JYP」とツウィは、中国を敵視した行動はしていない
②ツウィは、まだ16歳であり、政治的観点を形成するにはまだ幼く、不足している
③全ての中国活動をすべてキャンセルする

この騒動から、中国のメーカーであるY6(中国メーカーHuawei社の製品)の広告も排除
20160115153819_20160111182407249pbvo
 LGテレコム側は「中国世論が良くなくて、しばらくこの製品のモデルから除外することにした」と説明しています。


同じJYP所属の2PMにも影響が・・
142pm 13
中国で広がる「JYPボイコット」騒動により、中国でのイベントに出演予定だった2PMのメンバーであるニックンも帰国を余儀なくされています。
中国で、騒動が抑えきれないほど大きくなっているため、すでにニックンは中国に出国している状態でしたが、危険な場合もあるという主催者側の判断により、イベント出席が中止になったと発表されました。
ニックンは、イベントが中止になった後、保護されながら空港へ行き、韓国に戻ったそうです。
また2PMとしても出演予定だった20日に中国で開催される「韓国観光の年」の開幕イベントもキャンセルになっています。
JYP代表のパク・チニョンとツウィは謝罪しましたが、韓国国内でも疑問の声が上がっています。
JYPのパクジニョンは、「再発防止をし、両国の友好関係のために力を入れます。
傷ついた中国のファンの方々に真心で謝ります。
今回の事件がどれほど深刻なものなのか、本社のスタッフも、若いツウィも、自分自身も理解できていなかったことがもっとも悔しく、申し訳ありません。
今回の事件を通じて他国と一緒に仕事をすることにおいて、その国の主権、文化、歴史、国民の感情を深く理解しないといけないことを分かりました。
「ツウィは、数日間たくさんのことを感じ、気づき反省しています」
またツウィは、中国語で謝罪する映像を公開。 

145299773401_20160118
ツウィは「申し訳ありません。すぐに直接謝罪せねばならなかったけれどどうやって今の状況に直面せねばならないか分からず、今ようやく謝罪することとなりました。中国はひとつしかなく、海峡両岸(中国と台湾)はひとつであり、私は私が中国人であることを誇りに思っています」と謝罪しました。
ツウィのプロフィールも台湾→中国台湾
名前も台湾で使う繁体字→中国の簡体字に変更
一部の報道では、中国活動の為に、若く、幼いツウィに責任を押し付けてはいないか?
JYPはTWICEの中国活動を暫定中断することでひれ伏している、巨大市場である中国を諦めることはできない状況で出された苦肉の策ではないか、JYPが中国にとても低姿勢に見える。
それほどJYPは小さい会社なのか?JYPはもちろん、台湾の国旗を振らせた番組の無知さが原因ではないのか?番組の制作にも責任と解明を求める声が上がっているようです。