2015MAMA・・速報

第七回目を迎える2015MAMAが香港で開催されました。
2015 MAMAは、昨年10月26日から今年10月30日までの間に発売された曲またはアルバム、その歌手を対象に授賞を行っています。
インターネットでの視聴者 投票、専門審査委員の審査、専門リサーチ機関を通じた評価調査、CD及び音源販売量、選定委員会の審査などを総合して選考されています。
2015年の韓国歌謡界は、BIGBANG、EXOがそれぞれ4冠に輝き、今年もEXOとBIGBANGの年になったようです。
夢の共演?パフォーマンス中にEXOの席に行くVI
 
YGエンターテイメント 
PSY・CL・BIGBANG・IKONが出演
BIGBANG
4冠達成
 BESTMUSICVIDEO賞
ワールドワイドフェイバリット・アーティスト賞
2015年今年の歌手賞
2015年今年の歌賞
2015120221254208512_1_99_20151202221207
メンバーのV.Iは、ワールドワイドフェイバリット・アーティスト賞にふさわしく、韓国語、日本語、中国語、英語で挨拶しています。V.Iは、「全世界でBIGBANGを応援してくれる方がいるおかげで、複数の外国語を勉強するようになった」と答えています。
SOLは「こんなに大きな賞をいただき感謝している。歌手としてデビューして10年が過ぎ、多くの歌を歌って、たくさんの出来事があった。どんな状況でも、私たちを応援してくださったファンの皆さんに感謝する。 “目に見えないところで、私たちよりも多くの夜を明かし働いているプロデューサーなど、多くの従業員がいたからこそアーティスト賞を受けることができている。この賞にふさわしいアーティストになるようにさらに努力する」
ちょっぴり目頭が赤くなったG-DRAGONは「BIGBANG5人、多くの方々の愛と関心のおかげで良いアルバム、良い歌を良い環境で作業できるようになった。歌手にそれが最大の幸運であり、大きな賞だと思われるが、皆さんがくださる上に相応しい、最もよく似合う歌手になるために常に努力していきたい。 “毎年、年を重ねるごとに、より熱心にするという心構えであり、子供の頃とき先輩たちの言葉聞きながら歌手の夢を見、育 て、多くの思い出が残っているが、同じ時代に住んでいる皆さんの記憶の中にそのような歌手になるように努力する。時間が許す限り頑張る」と挨拶しました。
また「当分の間、5人でMAMAの舞台に参加するのは難しいようだ」とも述べ、今後軍入隊を控えての発言だと言われています。
新人賞・BESTアジアンスタイル賞

IKON
CL 

ソロ曲発表の場となったCLが「HELLO BITCHERS」を初めて披露image_readmed_2015_1144127_14490645552255668
そして麻薬騒動後以来、初となるBOMが復活し、2NE1として舞台に立ちました。
CLのみの出演だけが発表になっており、2NE1が出演することは、極秘扱いだったそうです。
予期せぬ2NE1の登場に会場は大いに盛り上がったようです。
image_readtop_2015_1144127_14490645552255665
デビュー曲「Fire」「Iam the BEST」を熱唱し、2NE1復活の舞台となりました。
SMエンターテイメント
EXO・SHINee・レッドベルベット・f(x)・テヨンが出演
EXO
BIGBANGと共に4冠の栄光を手にしました。
2013年、2014年の受賞に引き続き、2015年もアルバム賞を受賞
男性グループ賞
今年の歌手賞
Global Fan’s Choice賞
367436_154668_936
この日はレイも出席し、全員揃っての登場。
この賞をEXO-Lに捧げます
「大きな賞を頂き、感謝します。本物のアーテストになります。世界中のEXOファンの皆さんに感謝していると申し上げたい。より良いEXOになれるように努力します。」 と述べ
「昨年もMAMAの舞台に立ち、同じことを言ったが、あまりまだ満足していない。今年も満足せず、よりよい舞台と音楽を披露できるように努力します。」と挨拶しました。
EXOは日本語版の新曲「DropThat」の韓国語版
「CALL ME BABY」「LOVE ME LIGHT」
を熱唱
image_readtop_2015_1144136_14490654932255681
「LIGHTSABER」の舞台で映画「スター・ウォーズ」を連想させるパフォーマンスを披露しました。

SHINee ・レッドベルベット
 男女BESTパフォーマンス賞 

201512022236776781_565ef4854d6fa_99_20151202224004
テミンは「あまりにも立派な候補者の中で賞を受けることになり、光栄です。この放送を見ているイ・スマン会長に感謝し、裏から支えてくれているマネージャーのお兄さん、スタッフに感謝します」おにゅも「常に支え、私達を後押しして下さる社長、副社長、理事に感謝します」KEYは「いつも応援して下さるSHINeeWorldの皆さんに感謝する」とそれぞれ挨拶しました。

女性歌手賞

テヨン

 

女性グループ賞

少女時代

Global Fan’s Choice賞

f(x)

2015年MAMAでは、「The State of Techart(Tech + Art)」をテーマに掲げており、毎年大物の海外アーティストが参加している中、今回はラインナップがさみしかったとの声もありますが、今までにない演出もみられ、YGとSM中心の舞台になってしまった感はありますが・・・盛り上がったMAMAになったようです。夕方18時からレッドカーペットの行事から始まったMAMA。トリは、午前1時に舞台に立ったPSY2015112909407293988_1_99_20151203090504

新曲「ダディー」「ラッパズボン」を初披露

新人Seventeenは、学校のようなセットで机や椅子を使用しながらのパフォーマンスを披露

2015112909407293988_2_99_20151203090504
201512030012770542_565f0f36a1992
◆今年のアーティスト賞:BIGBANG
◆今年のアルバム賞:EXO「EXODUS」
◆今年の歌賞:BIGBANG「BANG BANG BANG」
◆男性アーティスト賞:パク・ジニョン
◆女性アーティスト賞:テヨン(少女時代)
◆ベストグループ賞:少女時代、EXO
◆ベストダンスパフォーマンスグループ部門:Red Velvet、SHINee
◆ベストボーカルパフォーマンス賞:Zion.T、Ailee(エイリー)
◆ベストダンスパフォーマンス・ソロ部門:キム・ヒョナ(4Minute)
◆ベストラップパフォーマンス:San E
◆ベストコラボレーション:Zion.T&CRUSH
◆ベストバンドパフォーマンス賞:CNBLUE
◆新人賞:iKON、Twice
◆ベストミュージックビデオ賞:BIGBANG
◆グローバルファンチョイス賞:f(x)、EXO
◆iQIYI(爱奇艺)ワールドワイド・フェイバリット賞:BIGBANG
◆ワールドパフォーマー:防弾少年団
◆ワールドワイド・インスピレーション・アワード:ペット・ショップ・ボーイズ(イギリス)
◆ベストアジアンスタイル賞:EXO
◆次世代アーティスト賞:Monsta X
◆ベストプロデューサー賞:パク・ジニョン、Gao Xiaosong(中国)、Phuc Bo(ベトナム)
◆ベストエンジニア賞:コ・ヒョンジョン、Lupo Groinig(香港)、Nakayama Yoshinori(日本)

◆ベスト公演賞:イン・ジェジン、Wu Qun Da(中国)、Vit Suthithavil(タイ) 

午前1時に終了したMAMA。
ずっと見ているのも大変・・・日ごろの疲れもあってか、EXOのカイが熟睡しちゃってます

カメラが向けられていますが・・あくび出ちゃってます 
チャニョルの肩を借りて熟睡

ベッキョンの肩も借りて熟睡中

そして気がついたら1人残されてしまったかい様…

JYPの社長・パク・チニョンのパフォーマンス中、女性との絡みのシーンで照れる様子のGOT7

アジアネクストジェネレーションを受賞したMONSTA XとBIGBANGそしてチョン・ユンファ

201512031447777617_565fd7ee4ebe0_99_20151203145204
201512031133771347_565fac2f0e256_99_20151203114706

夕方6時からレッドカーペット行事も含め、午前1時近くまで及んだMAMA。
最後まで観客と共に残り、PSYのパフォーマンスを一緒に盛り上げていたのは、アーティストではMONSTA Xと BIGBANG、そしてチョウ・ユンファだけ。
この日、受賞者でもないPSYが新曲披露の為とはいえ、ホストを務め、オープニング、エンディングを飾りました。先輩歌手に対する後輩の配慮がなかった点が残念で、
MAMAの最後に今年の歌手賞を受賞したBIGBANGも、挨拶でSOLはガラガラの出演者席を見ながら、「残念だ。私達は賞を受けたが、多くの歌手が私達を祝うためにいてくれなかったようだ。エキサイティングな祭りの場になったらいいのに、心残りで残念だ。来年はもっとより素敵な舞台にお伺いできたらと思う」と忠告ともとれる発言をしています。
この放送を見た視聴者の間でネットで議論が交わされていましたが、MAMAの舞台が予定より1時間も押してしまい、次のスケジュールの為にその場にいれなかった人達も多く、SHINee、レッドベルベットは、プラハ公演の為に当日午前1時の便で出国しなければならず、同じYG所属の2NE1、IKONは次のスケジュールの為に移動、
EXOはVアプリのインタビュー中だったようで、SOLの発言も少し軽率だったのでは?また無理なスケジュールを組んだMAMA側にも問題がある、未成年者のいるグループは、午前12時を上回り、放送上いられないのでは?との意見もあるようです。

最後まで一緒に舞台を楽しんでくれたMONSTA Xと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です