IU・新曲騒動まとめ

IUの新曲が騒動になっています。
国民の妹として老若男女に愛されているIUが窮地に立たされていると報道されています。
IUは10月23日「CHAT-SHIRE」でCOMEBACKしました。
テレビで音楽活動を行っていないにも関わらず、各音楽番組で1位を獲得。単独コンサートのチケットも発売から1分で完売しています。
弱冠23歳のIUですが、今回のアルバムでは自らプロデュースも行い、SHINeeのジョンヒョンがTwitterにて「みんなもうお聴きしたと思いますが、本当に今回のアルバムは最高です。歌詞もすごく上手に書いたし、曲も最高。トラックが変わるたびに感嘆と驚きの連続」と書き込み、IUのアルバムを絶賛しました。
①盗作疑惑
「TwentyThree」
ドラマ「プロデューサー」でシンディとして披露した曲

ブリトニー・スピアーズが2007年に発売した「Gimme more」のブリトニーの音声を無断でサンプリング
ある一部のファンからの指摘で発覚。
IUの曲の中で1分32秒のところから出てくる「Keep on rockin」がブリトニー・スピアーズの音声
作曲家が保有している音声サンプルから拝借したもので、現在ブリトニーの事務所に確認中とコメント
②「Zeze」
IUの書いた歌詞が問題視され、社会的にも大騒動になっています。
「Zeze」は70年代に出版された小説で「わんぱく天使」の邦題で日本でも発売されています。
その小説をイメージしてIUが自ら作詞しました。
小説は、作家が自身の幼少期の頃に受けた虐待された経験をもとに5歳の少年「Zeze」を書いた作品。
作品のとらえ方はひとそれぞれですが、IUは「Zezeをセクシーだと感じ、歌詞を書いた」「ゼゼは純粋だがある意味では残酷だ。キャラクターだけを見ると矛盾点の多いキャラクターだ。そのため魅力的でセクシーだと感じた」と答えています。
「Zeze」を出版した出版社から「創作と解釈の自由はあります。しかし、虐待による痛みを抱える5歳児のゼゼを性的な対象にしたことは非常に残念に思う部分であります」「IUさん、ゼゼはそんな子ではありません」と公式FaceBookにて苦言しました。
20151109013944_20151105123914_asfd

またIUのアルバムに使用されているZezeらしき少年についても、

ゼゼに穴のストッキングを穿かせてピンナップガールの姿勢だなんて。ピンナップガールは非常に商業的で性的な要素があります。作品の解釈を間違えている」と指摘され、”ロリコン”や〝小児性愛”という言葉まで飛び出し、大きく取り上げられ、大騒動になっています。
また過去のMV、今回のMVでも議論が交わされています。

「Twenty-Three」
映画「ロリータ」を意識している・・?
20151109130557_page
20151109014252_page
2011年
20151109105721_ww
2013年

 

20151109040158_page

2015年
今回もMVでは、大人になりたい女性の願望を表現した演出として、胸にリンゴをいれ、胸をおおきくみせる・クレヨンで口紅をつける・哺乳瓶をかみながら牛乳を飲んでいる・映画「LEON」をイメージしているなど・・過去の作品も今の作品もロリータをイメージしていると指摘。

所属事務所は、「ロリータではない。特別な意味はない、歌詞の一部に合わせて演出された場面」と釈明

「Zeze」

Zezeの歌詞騒動について、
IUは、「5歳の子供を性的対象化しようとする意図で歌詞を書いていません。」と公式に謝罪しました。
“私の歌詞が十分に不快な内容で聞こえる可能性があるということ、その結果多くの方々の心に傷つけてしまうことになったことは、全面的に、私が作詞家として未熟だったためです。
また「Twenty three」のサンプリング問題、やはりプロデューサーとして編曲に使われるサンプルソースをきめ細かく検閲しなかった私のミスです。
 初めてプロデュースを引き受けたアルバムなので興奮して、称賛を受けたい気持ちが先立ったあげく、欲を出しました。そうするうちにミスが多かったです。その結果、傷ついた方々と私にがっかりされた方々にもう一度頭を下げて謝罪いたします。
反省して努力して、必ずさらに成熟した姿をお見せするIUになります。申し訳ありません。”
公式に謝罪したIUですが、その後も議論はさらにエスカレートし続け、IUの解釈を非難する人と擁護する人と立場が分かれ、騒動は収まりを見せず、IUの歌詞に苦言した出版社も、のちに「解釈の多様性を尊重しなかった」と謝罪しました。

また騒動の中、姿を現したIUも心なしか、やつれ顔・・
20151109025436_ijn_1852

「IUも出版社も謝罪したんだから、議論は終わりにしよう」

「IUの今までのコンセプトがロリコンだったと気づいた」

「今回も静かになるのを待つしかない」

「歌詞をみてもそう感じなかった」「IUは好きだが、今回は度が過ぎた」

「盗作曲のほうがより深刻」など様々な議論が交わされ、所属事務所の株価も下落するなど、まだこの騒動は収まる様子はなさそうです