WINNERファンが不買運動

WINNERのファンが所属事務所のYGエンターテイメントに対し、ボイコット宣言していると報道されています。

301007355
WINNERのファンクラブ”インナーサークル”は、Googleの署名運動のホームページを介して、「YGの一方的なプラン延期・WINNERの相次ぐカムバック遅滞に抗議し、WINNERのDVD(2015 WWIC in Seoul)をボイコットすることを宣言する」という立場を明らかにして不買運動を開始しています。

インナーサークルによると、当初からYGがWINNERに不当なスケジュールと計画を組んでいると主張。

  1. 2013年10月25日、WINNERのデビュー予告をしたにもかかわらず、YGは10ヶ月の間に一方的にデビューを遅延。予定より1年余りすぎ2014年8月17日にデビュー後も現在まで1年以上の間、またCOMEBACKが遅れている事
  2. 新曲もない状態で、連続10回以上の日本ツアーを決行し、韓国ではその期間、国内活動はなかった事
  3. デビュー以来、発売されたアルバムは1枚だけであるのにもかかわらず、ファンミーティングコンサートなど収録したDVDは、5枚も発売している事
  4. 他の歌手たちは無料で公開しているミュージックビデオビハインド映像と振り付け映像をWINNERはシーズングリーティングDVDに挿入して販売するなど高額のお金を払ってDVDを購入する必要があるようにした事
ファンカフェ内でも苦情が聞かれ、これを意識したように、10月20日にYGのヤン代表は、自身のSNSで、WINNERのエンブレムと共に「MissThem?」(彼らが恋しいの?)とファンを浮き立つように意味深なメッセージを掲載
「YG ヤン代表 インスタ」の画像検索結果

ヤン代表は、WINNERのCOMEBACKについて、具体的な時期は「秘密」としながらも、「WINNERはすでに1stアルバムで成功したので、2ndアルバムではデビューアルバムを越える新鮮なものを作るだろう。すでにプロモーション計画を皆持っている。だからファンたちには“心配しないで”ということを言いたい」とコメントしている。

これを見たファンは、 「WINNERのCOMEBACKの予告ではないか?」と期待し、実際に11月にWINNERがCOMEBACKするのでは?と予想した記事まで出できていたので、ファンは安心してYGの公式発表を待っていましたが、兄弟グループでもあるIKONのアルバムの発売日が11月2日から12月7日に変更された事がきっかけに、WINNERのCOMEBACKもまた遅れるのではないかという意見が殺到し、ファンたちの間で騒ぎになり、最終的に今回のDVD不買運動まで発展してしまったようです。

国内活動がない状態で、日本ツアーばかり力を入れた上に1枚もアルバムを出さずに高額のDVDを何枚も発売するYGのやり方を非難するとともに、「私たちは、ATMじゃない」と強く抗議しています。
今回のファンクラブが団結し、直接ボイコット宣言まで出る行為は、韓国歌謡界では、異例な事 と報道されています。
他のファンもまた「YGは深刻な状況であること を理解した方がいい」「歌手を育ててくれるファンを大切にしなければならない」と今回のWINNERのファンがとった行動に対し、同調する意見が多い中、
YGは「COMEBACK の時期はまだ未定で調整中」という回答だけだそうです。

記事:http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=14461894971007355010

デビューしてからのWINEER活動をざっくりまとめてみました

2014年8月にデビューしたWINNERは、4つの音楽配信サイトで1位を獲得

「empty」は、 B.IとBOBBYが共同で作り、ソン・ミンホが作詞に参加した事でも話題になりました。

8月29日
BIGBANGとWINNERが味の素スタジアムで行われた「 a-nationstadium fes. 2014 powered by inゼリー」で夢の“兄弟”出演を果たす
この間、韓国では、サイン会や、各音楽番組に出演したものの、コンサートは中国で行われたYGFAMLYCONCERTと日本のa-nationのみ
2014年9月
 
 「2014 S/S -Japan Collection-」発売され、9/11から初のジャパンツアー【WINNER 1st JAPAN TOUR 2014】をZEPP TOKYOよりスタート
10月11日までの全5都市11公演を予定。
「WINNER MC」の画像検索結果
韓国では、バラエティ番組や音楽番組に出演したり、MCにも挑戦
10月
デビューアルバムの活動を 終了し、次のアルバム制作に取りかかる予定と発表
11月
ソウル蚕室室内体育館で開かれた「GS&CONCERT 2014」に出演したWINNER。
WINNNERのステージが終わった後も、歓声が止まず、リーダーのカン・スンユンが挨拶している時、メンバーのナム・テヒョンがかっとなり、「話してるだろ」と声を上げる場面も。これに対し、ファンの間では「ため口で頭ごなしに注意する態度はどうなのか」とちょっとした騒ぎに
2015年1月
中国にてファンミーティング
中国北京・上海にて「WWIC(WORLDWIDE INNER CIRCLE CONFERENCE) 2015」を開催
デビュー後、韓国ではコンサートではなく、初となるファンミーティングを開催
winner_1423321468_af_org
オリンピック公園体操競技場でワールドワイドファンミーティング「WORLDWIDE INNER CIRCLE CONFERENCE 2015」を開催。
韓国にて WINNERの日常、会話、考えなどが盛り込まれた『WINNER’S WELCOMING – GOOD BYE 2014 X WELCOMING 2015』と昨年8月に発売したデビューアルバム『2014 S/S』の関連映像を収めた『2014 S/S – BEHIND THE SCENES』DVD発売
2015年2月~
ナムテヒョンはウェブドラマ「0時の彼女」「深夜食堂 」
NE1のDARAとWINNERのカン・スンユンウェブドラマ「私たち別れました」
 WINNERのソン・ミンホが「SHOW ME THE MONEY4」に参加など個人活動が続く中、
日本で9月から全国を回るホールツアーを発表
7月
「SHOW ME THE MONEY4」でソン・ミンホ披露した 『MINO 娘狙撃、産婦人科のように(脚を)広げて』という歌詞が問題になり、自分が狙撃した女性たちが自分の前で産婦人科のように脚をすべて開けるという意味の内容だと解釈され、女性たちを侮辱して、産婦人科と産婦人科医師たちの名誉を毀損していると謝罪や再発防止対策が講じられなければ、法的対応を取ると大問題になりました。
8月
メンバーの キム・ジヌが中韓合作ドラマ『魔法の携帯電話』の主演に抜擢
デビュー1周年を迎え、「新しいアルバムを準備している」とコメント
9月
「「WINNER JAPAN TOUR 2015」」の画像検索結果
「WINNER JAPAN TOUR 2015」がスタート

宮城、広島、福岡、神戸、神奈川、愛知、大阪、北海道で全10都市17公演を予定し、10月には沖縄でも開催を発表

2015年10月

今月初め、イギリスでアルバムジャケット撮影、スウェーデンで有名な監督にMVを撮ってもらった事が明らかになっています。
しかし、具体的なCOMEBACK時期はまだ発表しておらず、 日本では2度目のコンサートを開催。
韓国のファンは、おもしろくないと思って当然かもしれません・・・